はえぬきときらら397


はえぬきときらら397は、リーズナブルなお米として、定評があります。デイリーに気兼ねなく、いくらでも食べられるお手頃価格の品種です。そして、どちらも新しくで開発された品種です。

はえぬきはあきたこまちの子供にあたる品種です。山形県で開発され、1993年に品種登録されました。歯ごたえがある食感が特徴です。冷めても美味しいお米なので、お弁当にするのに適しています。弁当業者やコンビニエンスストアで使われるお米に選ばれることが多いです。はえぬきは、美味しいお米の代名詞の魚沼産コシヒカリに勝るとも劣らない素晴らしい味です。にもかかわらず、リーズナブルです。これは、山形県以外でそれほど作られておらず、知名度が少ないという理由が考えられます。

きらら397は北海道で開発されたお米です。ひらがなの名前の後に数字と、一風変わったネーミングのお米です。「きらら」というのは、一般公募で決められた名前です。397というのは、「きらら397」となる前の、稲の系統番号が「397」という番号で、そこからつけられました。リーズナブルなので、レストランなどのお店で良く使われる品種です。きらら397は、値段のお手ごろさに加えて、特に丼物を出すお店に使うのに適する特徴があります。というのは、粒が大きいので炊き増えするからです。汁気のある食べ物と組み合わせても、ふやけにくいです。だから、牛丼などの丼物にするのに適しています。お家で丼物を作るのなら、きらら397がおすすめです。

CmsAgentTemplate0015/0016 ver2.001