母たちの郷土料理

"家庭料理というと、僕は何故か、郷土料理というものを連想してしまいます。
その割には、旅先では余り食べないのですけど、自宅だと、専ら、どこのお米、どこの野菜という事を考えて、郷土の食材を使った料理を考えます。
僕自身、一人で暮らしている時は、簡単に済ませました。たまねぎをざくざく切り、肉を適当に切り、醤油で味付けして炒める感じです。その間、ご飯は早炊きです。
今は実家にいるのですが、母がたまに、料理を作ります。それは何だか妙に懐かしいのです。後、母の味というものはありますよね。子供のころの懐かしい味。
女性の料理はとても上手だと思うのは、細かなテクを、器用に作る所だと思います。
こういう味付けで、卵料理や、炒める料理もこんな美味しいんだと思います。
この前はパンに、砂糖を入れた卵を炒めて、野菜を挟んで食べていました。面倒くさがりな男には、出来ない楽しみ方です。
料理に人格が現れているのかなと思います。
郷土料理というのは、何故かそういう先人の母達が作ったもののように思えて、温もりを感じます。"

CmsAgentTemplate0015/0016 ver2.001