コシヒカリとあきたこまち

お米は日本で毎日食べられているものです。日本各地でコメが作られていて、いろいろな種類のお米があります。中でも美味しいお米がコシヒカリ、あきたこまちです。これらのブランド米は、他のコメに比べて価格が高く設定されています。だから、例えばコシヒカリだと見せかけて、実はブレンド米を「コシヒカリ」として販売している業者もいるようです。そのような不正を防ぐために、DNAでコメの種類を鑑定してから販売する動きも広まっています。昔から食べられているお米も、ハイテクな時代なのです。

コシヒカリは全国で作られています。知名度は抜群です。いろいろなところで作られているので、どこに住んでいても、「地元産」のコシヒカリを食べられます。商品化される時は、コシヒカリの上に、生産地をつけてネーミングされています。それは、東北に限定されるあきたこまちなどとは違う点です。コシヒカリは人気が高く、収穫量も多いです。日本一といってもいいでしょう。コシヒカリは粘りがあるのが特徴です。甘みがあってとてもおいしいです。冷めても美味しいお米だと言われています。生産する側で見ると、手間のかかる品種です。風に倒れやすいので、きちんとケアしてあげないといけません。

あきたこまちは「あきた」という名前からわかるとおり、秋田県で作られています。美人の代名詞に「秋田小町」がいますが、そこから名前が付けられたと言われています。でも秋田県だけではなくて、山形県や岩手県、茨城県など他の地域でも作られています。コシヒカリに比べて値段が手ごろで、香り高いお米です。

CmsAgentTemplate0015/0016 ver2.001