ひとめぼれとヒノヒカリ

最近めきめきと人気を上げてきているのが、ひとめぼれとヒノヒカリです。コシヒカリやあきたこまちに比べて、新しい品種というイメージがあります。でも、収穫量は昔ながらのブランド米に迫る勢いです。

ひとめぼれは、なんとコシヒカリの次に収穫量が多いです。スーパーマーケットなどの量販店でもよく目にする品種です。山形県、岩手県、福島県、宮城県などの東北地方で多く作られていますが、東北以外でも生産されています。コシヒカリと初星を交配してつくられました。コシヒカリの性質を受け継いで、粘りがあって食べごたえのある美味しいお米です。ふっくらと炊きあがるのが特徴です。

ヒノヒカリは、関東から東の人にはあまりなじみがないかもしれませんが、西日本では多く生産されている品種です。九州地方でさかんに生産されています。西日本各地にも生産地があります。ヒノヒカリも粘りがあって美味しいお米です。バランスのとれた味わいが特徴です。コシヒカリやササニシキは栽培するのに手間がかかる品種として知られていますが、ヒノヒカリは収穫が安定していて、作りやすい品種です。

減農薬、無農薬で美味しいお米を作り、産地直送で消費者に届ける方法が人気を呼んでいます。美味しいお米を、安全に、新鮮に食べることができるので、定期購入する人も多いです。インターネットで探すと、ひとめぼれやヒノヒカリの通販をしているショップを見つけることができます。量販店では見ない「特A」の米を買えるのも通販の特徴です。

CmsAgentTemplate0015/0016 ver2.001